HOKA oneoneホカオネオネ実走レポート①

ホカオネオネ購入しました。

UTMFやハセツネなど上位入賞者が履いている事で話題になっている「ホカオネオネ」。ネットで色々と調べて見ると、地面からの突き上げ感が無い。見た目よりはかなり軽い。膝への負担が軽いなど結構評判が良さそうだったので、管理人の居住地宮城県仙台市で唯一取り扱っている「ゆうゆう館」へ向かいました。こちらのショップはアークテリクスの品揃えが豊富でトレイルランニング用シューズではスポルティバやモントレイルも販売されていました。早速店内でホカオネオネを試着。まずはいつも履いているノースフェイスのウルトラトレイルと同じサイズの27センチ(US9)。タイトに出来ているためアッパーがきつく感じる。もちろん購入を前提で行っている為、ソックスもトレイル用のフットマックスは履いている。続いて27.5センチ(US9.5)を試着。つま先にも若干余裕がありアッパーも窮屈感が無く、このまま店内を歩かせてもらい感じを確かめました。サイズ的には27.5センチでジャストフィット!ソールがかなり厚い為、クッション性はかなりあります。日常はロード用としてアディダスのブーストを履いているが、はんぱないクッション性である。さらに靴高がかなり高いため安定してトレイルを走れるのか不安な部分が残ったが・・・STINSON EVOを購入しました。価格は20,000円也(税別)

早速、近所のトレーニングコースを坂道を中心に約5キロほど試走しました!

西公園
まずはホカオネオネの靴高に慣れるために近くの公園に向かいウォーキング! 砂利や砂の上をテンポ良くあるってみた。足裏に大地を感じることは無く、足裏全体で着地するような感じでシューズの設計がなされていると思う。

仙台城坂
身体も温まったところで仙台城の坂道へ!濡れたアスファルトの相性も良くトレイル用のソールがかなりグリップしました。購入したゆうゆう館のスタッフの方にも登りは楽になるよと言われていましたが、かなり楽に登ることが出来ました。そして下りへ!下りでも踵から着地するような感じではなく自然と足裏全体で着地するような感じになります。5キロほどのロード試走でしたがホカオネオネは自分にとって良いシューズになりそうです。明日は泉ヶ岳でトレイルでの試走です!

今日の小言

このクッション性が病みつきになりそうです

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加してね
固定ページの更新情報
TOP画像上の固定ページ「トレラン動画」を追加しました。new04-001
2014-11-02 | Posted in Gallery, トレイルランニングComments Closed 

関連記事